TOPへ戻る
Peteとは 使い方 製品情報 問い合わせ ダウンロード カスタマイズ 周辺機器 リンク集
ホーム > 製品情報TOP > Peteシェアウェア版(Ver.2) > Pete Ver.2の新機能

製品情報

1.Pete2.0のご紹介

1-2.Pete Ver.2の新機能

Peteの新バージョン「Ver.2」では、プログラムを全面的に作り変え、次のことを実現しました。

(1)Windows Vista/7に完全対応

Pete2.0は、Windows Vista/7の最新アーキテクチャを採用し、これらのウィンドウズOSに完全対応しました。従来のPeteよりも動作が安定し、より快適にご利用いただけるようになりました。

Windows7でのPeteの起動状態

Win7起動画像

(2)より自由なキーボード表示

従来のPeteはPC画面の下部にソフトウェアキーボードを表示しますが、Ver.2では、表示するキーボード毎に縦横サイズを変更できるようになり、また表示位置も、画面上下左右に設定できるようにしました。

画面上部にPeteを表示

上部表示

画面左側に縦型Peteを表示

左側

(3)表示最小化機能

従来のPeteは、常に画面の一部にソフトキーボードを表示し、デスクトップ画面が狭くなるという欠点がありました。Pete2.0ではご要望の多かった最小化機能を加え、入力や操作を行わない時はデスクトップ画面を広く使えるようにしました。

Peteを最小化した状態

最小化表示

(4)プログラムのモジュール化

Pete2.0ではプログラムの構造を整理し、機能別のモジュール(DLL)に分けています。今後の機能追加がしやすくなるだけでなく、他のアプリケーションソフトやシステムにPeteの必要機能だけを組み込むことも簡単にできるようになりました。

(5)専用ブラウザの提供

利用者からのご要望で特に多かったのが、オートスキャンでも利用しやすいウェブ閲覧機能の実現です。Pete2.0では、Peteと連携して動作する、専用ブラウザ「Peteブラウザ」を開発しました。表示ページ内のリンクの一覧機能、閲覧ページ予測機能等、オートスキャンで利用しやすい機能を新たに搭載し、より少ない操作数でネットサーフィンができるようにしています。

Peteブラウザの起動状態

Peteブラウザ画像

 

ページの先頭へ