イデアフロントトップ画像。

イデア・フロントのページへようこそ

イデア・フロントは、「情報通信技術(ICT)を活かした社会づくり」をメインテーマにした、リサーチ&コンサルティングファームです。

 プロジェクト経験豊富なコンサルタントが、これからの日本に必要なしくみやサービス、事業、政策についてあなたと一緒に考え、そのしくみづくりを実践します。

シンポジウム「アクセシビリティ法は社会をどのように変えてきたか―諸外国の事例を中心に」

米国が「障害を持つアメリカ人法」とそれに続く一連のアクセシビリティ法制で先行し、欧州が制定に動く「アクセシビリティ法」はいかなる手法を社会に導入し、社会をどのように変えてきたのでしょうか。本シンポジウムでは、アクセシビリティ法制の専門家であるG3ictのジェームズ・サーストン氏を講師に招いて学びます。また、日本におけるアクセシビリティ法制の必要性等について討論します。
どうぞ、皆様ご参加ください。

お申込みはこちらから

主催
特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)
共催・協力
日本障害フォーラム(JDF)
特定非営利活動法人ウェブアクセシビリティ推進協会(JWAC)
ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)
後援
公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)
協賛企業
イデア・フロント株式会社
株式会社インフォアクシア
株式会社ミツエーリンクス

月日:6月26日月曜日
場所:エムワイ貸会議室 四谷三丁目(四谷三丁目駅前)会議室A

情報保障:手話通訳、要約筆記、ボランティアによる逐次通訳

プログラム
2時00分 主催者挨拶:山田肇(ICPF理事長)
2時10分 ジェームズ・サーストン(G3ict)
講演「アクセシビリティ法をめぐる世界の動向」
2時50分 石川准(国連障害者権利委員会委員)
講演「国連障害者権利委員会は何を求めているのか―情報、コミュニケーション、手話言語を中心に」
3時10分 休憩
3時20分 総合討論
三宅 隆(日本盲人会連合 情報部長)
小出真一郎(全日本ろうあ連盟 理事)
新谷友良(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事長)
渡井秀匡(東京都盲ろう者支援センター)
4時30分 閉会

参加費:無料
定員:100名

Rickey(リッキー)をGoogleプレイで提供開始しました。

新しいPC操作支援アプリ「Rickey(リッキー)」をGoogleプレイで提供開始しました。価格は400円(税込)です。

お手持ちのAndroidタブレットにRickeyをインストールして、タブレットをパソコンの無線キーボードとして利用することができます。また、肢体不自由の方々向けの機能も用意しています。

Rickeyを多くの方にご購入・ご利用いただけることを願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

Googleプレイにアクセスする

Rickeyサイトにアクセスする

 

PCキーボードアプリ「Rickey」のサイトを開設しました

AndroidタブレットをPCの無線キーボードにするアプリ「Rickey(リッキー)」のサイトを開設しました。

Rickeyサイトはこちら

Rickeyは、AndroidタブレットをWindowsパソコンに無線接続し、キーボードとして利用するアプリです。
Rickeyを使えば、手もとのタブレットのタッチ操作でパソコンへの入力や各種操作ができます。タブレットと操作対象のパソコンとはBluetoothで無線接続。一般的なオンスクリーンキーボードと異なり、ソフトキーボードが別画面に表示されるので、パソコンの画面を広く使うことができます。また、Rickeyはパソコンのキーボード操作が困難な肢体不自由な方々のための機能を備えた「共用アプリ」となっています。

img_20160802_182140

タブレットに表示したRickeyの写真

Rickeyは、近日中にGoogle Playでの販売を開始いたします。それに先立ち、新サイトで希望者にアプリおよびアプリをインストールしたタブレット端末のテスト販売を行います。

 

 

PeteコミュニケーションエイドⅡの販売を開始します

2015年5月1日より、発話困難な障害者の日常会話を支援するソフトウェア「PeteコミュニケーションエイドⅡ」の販売を開始いたします。これは、株式会社エーアイの音声合成ソフト「かんたん!AITalk®ⅡPlus」と当社の障害者支援ソフトPeteを連携させた製品で、ウィンドウズタブレット等にインストールし、ごく簡単な操作で会話文を高品質な合成音声で発話することができます。

プレスリリース資料(2015年4月27日)

プレスリリース資料(2014年10月1日)

かんたん!AITalkⅡPlus(株式会社エーアイ)

Peteウェブコミュニティー

 

障害者権利条約に関する調査報告書の公開

平成25年度に当社が内閣府から受託し実施しました「平成25年度障害者権利条約の国内モニタリングに関する国際調査」報告書が内閣府のウェブサイトで公開されました。

この調査は、我が国が2014年2月に批准した「障害者の権利に関する条約」の実施状況を主要締約国がどのようにモニタリングしているかを文献調査や現地ヒアリング等により詳細に調査したものです。ぜひご一読ください。

報告書HTML版(内閣府ウェブサイト)

「Pete」の最新版提供を開始しました。

当社が提供している肢体不自由者支援ソフト「Pete」の最新版として、以下の2種類のソフトウェアの提供を開始しました。

Peteコミュニケーションエイド(3月28日提供開始)

Peteと音声合成ソフト、簡易メールソフトを連動させて、合成音声による会話や、1クリックメッセージ送信機能を実現したものです。発話が困難な人の日常的なコミュニケーションを支援する目的で開発しました。

Pete Ver.2.14(6月15日提供開始)

シェアウェアとして提供している「Pete」の最新版です。画面に表示するPeteキーボードの文字フォント指定機能や、Shift、Alt、Ctrlキーをロックしてマウスとの複合操作を行う機能等を新たに追加しました。(これらの機能は、Peteコミュニケーションエイドにも搭載しています)

 

提供価格は、Pete Ver.2.14が1ライセンス1,200円、Peteコミュニケーションエイドは、初期設定・カスタマイズサービス付きで21,600円(税込)です。

詳しくは、Peteウェブコミュニティーをご覧ください。

 

明日のしくみを調える

これから、日本は未曽有の超高齢社会に突入します。この社会を支えるしくみづくりは、待ったなしの課題です。

私たちは、最新の情報通信技術(ICT)を効果的に活用することによって、これからの社会を支えるしくみが調えられると考えています。

しかし、新しいIT機器や情報システムを作るだけでは、それは実現しません。様々な制度や慣習、提供される製品やサービス、さらには利用者・生活者の意識も変えていく必要があります。私たちがお手伝いするのは、これらの「ICTを有効活用したしくみづくり」です。

私たちは、これまでのプロジェクト経験で培ったICTに対する確かな知識と、各分野の事業や制度に関する知識、高齢者をはじめとする消費者に関する知見を活かし、様々な分野で新しいしくみづくりに携わる方々と連携して 、「ICTを活かした明日の社会づくり」のお手伝いをいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。